2016-08-27(Sat)

楽健法各地の教室案内

楽健法各地の教室案内
ガイア・ヴィレッジ体験コーナー当日配布用
〒633-0053 奈良県桜井市谷381-1 東光寺 毎月第4日曜日
問合せ 山内宥厳 0744-44-2388  090-4301-0228
楽健寺大阪教室 JR桜宮駅下車5分 毎月第3土曜日
問合せ 06-7173-3878 090-1899-9227 山内幸子
奈良楽健法研究会 毎月第1土曜 第4木曜 講師 山内宥厳
奈良町 松前旅館
問合せ 髙橋トーマス流美 090-6549-3577
東京楽健法研究会 水道橋教室 毎月第3土曜日
問合せ 西澤 080-6610-3787
東京品川教室 薬日本堂文化教室 第3金曜日 18:00~21:00
問合せ 03-3280-2005
広島楽健法研究会 福山教室
月3回教室開催 工藤和子先生 問合せ 084-955-4859
毎月第3木曜日 講師 山内宥厳
松江 教室 周藤久美枝 085-221-0243
米子 教室 西山三千子 090-9464-1149
出雲 教室 岸本節子  090-8608-9316
松江上乃木 大谷怜美  090-7171-7546
仙台 教室 井上かずえ 090-2270-3603
柳川 教室 森 眞理  080-3945-3152
千葉 教室 近藤琴美  090-3406-3469
神奈川教室 小菅一江  090-3430-1400
名古屋教室 斎木圭子  080-6946-3788
東京 教室 西澤真由美 080-6610-3787
町田市忠生 村澤昭子   070-5595-0094
京都 教室 吉本 史   090-5908-6688
新居浜教室 野口千恵美 090-7783-6035


ここに掲載していない各地の教室もかなりありますが、拾い切れていません。
追加掲載ご希望の楽健法講師のかたはご連絡ください。
メール
==============================
山内 宥厳
磐余山 東光寺 楽健法研究会
〒633-0053 奈良県桜井市谷381-1
電話と電紙 0744-46-2410
携帯 090-4301-0228
ytokoji@begin.or.jp
http://www2.begin.or.jp/ytokoji/
==============================
2016-08-11(Thu)

楽健法講習会 高野山無量光院 合宿11月18〜20日 ご案内

楽健法講習会 高野山無量光院 合宿ご案内


 2016年11月18日~20日宿泊の2泊3日で楽 健法研究会研修会を高野山無量光院で開催します。高野山での講習は十数年ぶりです。

受付中 募集締め切り 日 9月30日 先着順60名で締め切ります。

初心者も参加できます

会場 無量光院  
所在地: 〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山611
電話: 0736-56-2104

11月18日(金) 午後1時参集 本堂参拝 午後楽健法講座 食事 宿泊
11月19日(土) 勤行 午前中山内参拝 昼食 午後楽健法講座 
          夜楽健法講座 宿泊
11月20日(日) 勤行 午前中楽健法講座 昼食 現地解散

参加 費用  43200円 2泊3日朝夕食付の宿泊費、昼食2回 楽 健法受講料
郵便振込先 【01020-8-71142 東光寺】
振込を確認してから正規受付とします。

       別に受領証は発行しませんので振込の受取を保存してくだ さい。 

問合せ先 ytokoji@begin.or.jp


DSCF4903.jpg



2016-07-22(Fri)

インド音楽 バンスリの夕べ 東光寺 9/10 夜

9/10 東光寺のパフォーマンス 案内

魂に呼応する中空の笛の音色 インド音楽の奥深さはこの笛の音色に極まるとも思う。

むかし サッチデーヴさんの演奏会のプロデュースをしたことがありましたが、懐かしき笛の音色です。

2016/9/10 18:30開演
東光寺本堂 駐車場あり。
入場料 前売り予約 2500円
当日 3000円

=======================
出演

バンスリ奏者
< Shyan Kishore/ シャイアン・キショール> 

タンプーリ伴奏
<Mio Shinohara – エネルギー・ワーカー>

🔵シャイアン・キショール プロフィール

ロンドン生まれ、イギリス人。幼少期は多くの時間を自然の中で過ごす。1996年にバンスリに接し、バンスリの第一人者ハリプラサッド・チャウラシアに師事。

ロンドンの Royal Festival Hall、Nehru Centre などに出演し、古典の分野に留まらず、フュージョン音楽の舞台や世界各地の音楽フェスティバル、スピリチュアル・イベントでも演奏。キールタン・アーティ スト Deva Premal & Miten、グラミー賞受賞チベット人シンガー、ヤンチェン・ラモとも共演。

ヨガ講師としても活動し、音楽をそのプラクティスの一環と捉えて、聞き手を「音のヨガ」の旅 へといざなう。インド、オーストラリア、タイ、日本などを舞台にメディテーションと演奏の旅を続けている。

今年の日本滞在は11月頭まで、主に関西各地でのイベント出演、コンサートを開催。
============================

Facebook: https://www.facebook.com/ShyanBansuriFlute

音源: http://www.cdbaby.com/Artist/ShyanKishore1

youtube: https://www.youtube.com/watch?v=klVlCR9qfXQ

○●○●○●○



2016-06-29(Wed)

楽健法指導者養成講座(奈良楽健法研究会)案内

             奈良楽健法研究会のお知らせ

            指導者養成講座

いつからでも参加できます。

講師 山内宥厳
会場 旅館 松前 〒630-8362 奈良県奈良市東寺林町28−1
電話: 0742-22-3686

http://www.matsumae.co.jp/index2.html

開始時間:9:00→9:30
講義9:30〜11:30
昼食11:30〜12:30
実技12:30〜16:00

松前さんは、奈良町センター隣で、近鉄奈良駅から徒歩8分ほどです。
駅からぐっと近く便利になる一方、旅館専用の駐車場がないため
車でお越しの方は、すみませんが近隣の有料駐車場をご使用いただくことになります。

自転車でお越しの方には、駐輪場をご案内致します。

下記に年内の予定を記載しておきます。ご確認の上お間違えなくいらしてください。
(松前さん入ってすぐの左の畳のお部屋です。すぐですので、スリッパは履かずに直接お部屋へ
お越しください)


奈良ヨーガリトリート
奈良楽健法研究会 代表 高橋トーマス流美
問い合わせ 090 6549 3577


*土曜コース
7月2日
8月13日(第2土曜)
9月3日
10月1日
11月5日
12月3日
2017年に継続予定

*木曜コース
7月28日
8月25日
9月22日
10月(お休み: 宥厳先生 松江合宿のため)
11月24日
12月22日
2017年に継続予定



2016-06-15(Wed)

ラジオ放送 ★ゆめのたね 宥厳和尚が話します

ラジオ放送 ★ゆめのたね 宥厳和尚が話します。

S__13221891.jpg


池田麻矢さんの「こっからパーマカルチャー」に

7月19日(火)21:30から22:00
7月26日(火)21:30から22:00

山内宥厳和尚が出演しています。

日本時間21:30になりましたらこちらをクリックして開いたページに表示されるPlayボタンを押してお聞きください♪
http://www.yumenotane.jp/now-playing

(iphoneまたはネットがつながる環境あればオンタイムで世界中どこででも聴けます)

インターネットラジオなのでパソコンまたはiphoneでしたら(iphone以外の携帯だと繋がらないこともあるようです)ネット環境のあるどこででも聴いていただけます。


Facebook公式番組ページ:https://www.facebook.com/cokkarapermaculture/


2016-06-09(Thu)

ひとり芝居とインド舞踊の公演案内 7月9日(土) 夜 

楽健法研究会本部、東光寺では毎年一回ですが、インド舞踊と宥厳和尚のひとり芝居「がらんどうは歌う」の公演を行っています。昨年まで、インド舞踊はマドゥ・プリヤさんが14年間にわたって毎年出演していただきましたが、今年はご本人の都合がつかないので、今年のインド舞踊は楽健法の仲間の 里見まこ さんの出演となりました。

日 時 2016年7月9日 18:30 開演
会 場 東光寺本堂 駐車場あります。
入場料 2000円 参加ご希望の方はメールください。

インド舞踊 出演 里見 まこ

モノローグドラマ 「がらんどうは歌う」山内博之作

出演 山内 宥厳
音楽 辻本 明子 (即興ピアノ)
演出 西澤 真由美

終演後、楽健法研究会道場にて夕食の接待をいたします。



   楽健法研究会本部
   磐余山 東光寺
   〒633-0053 奈良県桜井市谷381−1
   電話と電紙 0744-46-2410 090-4301-0228






  
2016-05-12(Thu)

椎間板ヘルニアになってしまいました! Y.Uさんから

ご無沙汰しております。
東奔西走の宥厳先生の毎日に、いつも頭の下がる思いです。

私は連休に入ってすぐ、椎間板ヘルニアになってしまいました。
昨年の3月に、引っ越し準備の最中にも腰を痛め動けなくなりましたが(椎間板損傷だと言われました)、今回はその時より酷く、寝返り打てない、歩けない、トイレも行けない、という状況でした😭
K.S先生の紹介で、躁体法の先生の施術を受け、今はある程度普通に動けるようになりました。
振動もOKになってからは、楽健もしてもらって、K.S先生のお世話にもなっています。

宥厳先生、私、ヘルニアになって良かったです。
なんと、夫がほぼ毎日踏んでくれる様になったんです!!

自分がどんなに疲れていても、今までは私から、忙しい夫に対して楽健して欲しいと頼むことは出来ませんでした。
でも、殿部や太ももがあまりにもパンパンに凝って、歩いていても軋む感じで辛かったので、5/4の夜、踏んで欲しいと夫に頼んだんです。
夫は、いいよ、と二つ返事で直ぐに鼠径部〜膝までを念入りに踏んでくれました。

あんなに楽健が有難いと思った事はないくらい、物凄く気持ち良かったです‼️

涙が出るくらい有難くて有難くて、本当に涙しながら、楽健法を考案して下さった宥厳先生に心の中で手を合わせ、夫にも何度も合掌しながら「ありがとう!今までの誰よりも気持ち良い楽健だった!スゴく楽になった!」と伝えました。
「私は自分がヘルニアになってどうしようもなくなった今日、夫に踏んでもらうために、13年前に楽健に出会ったんだ!」とも思いました。

私がヘルニアに倒れたせいで無理を重ねた夫も、その後腰痛になりました💧
が、彼を救ったのも、やっぱり楽健でした。
彼も、かなりきつい腰痛が出たため、私も彼に楽健や足もみ、躁体法、メノウマッサージなど、色々やってみました。
が、夫の腰の痛みは抜けきらないままで、それでも私の足を踏んでくれたんです。
で、踏み終わったら、彼の腰痛が治っていました!!
なんだか…
夫に先を越された感がものすごいあります💦

私は人に楽健すると、自分のお尻や太ももが張ってきて辛くなります。(今回ヘルニアの痛みが出る前にも、夫に楽健してました。)
が、夫は人に楽健すると、自分の身体が楽になる様です。
まぁ、これがあるべき楽健の姿だし、その方が私も頼みやすいのですが…
私は夫に弟子入りしないといけないかもしれません💧

彼にはお尻と太ももを毎日踏んでもらっていますが、私の足はあまりにも硬くて、二人でびっくりしています。
どうなってるんだろう、私の身体、筋肉が硬くなるビョーキかな、などと言ったりしていました。
身体の動きに、変な癖があるのか…😞
日々、力み過ぎてるのか…💧
多分両方だと思います😓

母の日には娘からプレゼントをもらいました💐
手書きの「楽健無料券」が1枚、「皿洗無料券」が1枚、「楽健3回 100円券」が3枚、スタンプ券(スタンプ欄が36個あって、100円毎にスタンプ1個押印して、全部たまったら、楽健一回無料だそうです)が1枚、でした。
優しいんだか、がめついんだか、よく分からない娘らしいプレゼントでした😊💖

ただ、このところ、夫と踏み合っている事もあり、忙しい娘の出番が無く、楽健無料券を1枚使ったきりです。
そして、娘の就寝前に夫と踏み合っていると、「つまんない!なによ、2人でいちゃいちゃ楽健しあって😠!」
と娘が怒って邪魔してきます(笑)

今月末の東光寺講習会には、娘も連れて参りますので、よろしくお願いいたします。
明後日からのセラピストコースでもまたお世話になります。
腰の不安が抜けきりませんが…
東光寺に行けば楽になるかも…、と、密かに期待しております。

ではまたよろしくお願いいたします🌹

追 伸 
忘れていました。
もう一つご報告です。

娘も、先月熱を出した際に楽健法に助けて頂きました✨

彼女は寝相が悪くて、常に布団を蹴散らしながら寝るので、腹巻やベストなしだと寝冷えしてしまいます。
(最近は、暑い、と腹巻もベストもしてくれません💧)

4/21(木)の起床時に、喉と頭が痛いと訴え、寝冷えしたようでした。
熱は無く、登校させましたが、夕方帰宅すると様子がおかしく、熱を測ると38.6度。
翌・22日(金)は楽しみにしていた小学校の遠足、23(土)、24(日)は2日連日でピアノの発表会に出る予定だったので、青くなりました😱

で、サンラメラ(遠赤外線ストーブ)の前で、娘に楽健法をしました。
K.S先生が、「子どもが熱を出した時は、鼠径部をよく踏んであげると、すぐ下がるわよ。」と言っておられたので、とにかく鼠径部を踏みました。
内臓温熱療法もしようと思っていましたが、楽健法だけで娘は寝入ってしまったり、私が疲れてしまったり、だったので、サンラメラで身体を温めつつとにかく毎日楽健だけをしました。

金曜日・22日の朝は、37.1度の熱でしたが、根性で遠足に行き、「楽しかった〜!!」と言いながら帰宅した娘の熱は38.2度。
楽健し続けたところ、土日は36度台に解熱し、ピアノの発表会も無事に参加できました。
月曜日からはまたバスケ部の練習に参加し、連休までは、毎日放課後も部活や習い事を無休でこなしていたのには、我が娘ながらあっぱれと思いました。
あまり体力のある子ではないのですが、楽健法をしていたおかげだと思います😭

ただ、ヘルニア騒動以降は娘をあまり踏んであげておりません。
今朝は娘が腹痛を訴えたので、鼠径部を踏んでから、登校させました。

本当に、楽健法様様です。

今の娘はちょっと忙しすぎます。
火曜日のピアノのレッスンがある日以外はほぼ毎日、4月から平日はバスケの練習が18時まであって、帰宅は18時半。
月木はくもん教室に行くので、17時にバスケを切り上げ、くもんで1.5時間学習して帰宅。
土曜日は趣味の将棋教室に行きます。
クラス1チビの小4女児に、こんな多忙を強いるだなんて児童虐待ですよね…😰

でも、そんな中、楽健法には家族皆が助けていただいております。
本当に感謝です🌹

  2016年5月12日 Y.Uさんからのメール




2016-04-06(Wed)

第15期楽健法セラピスト講座修了記念写真

  楽健法セラピスト講座第15期が修了 記念写真です。
  
DSCN1112.jpg

4月から始まって3月に終わりますが、今期は休まれる人もたびたびあったりしましたが、終わってみれば短期間みたいに思える一年ですね。参加されたみなさん有り難うございました。
 東光寺の講習会が始まって早くも十五年が経過しました。
 主催の二人も年を取ったはずですが、昨日の続き、先月の続き、昨年の続きをやってきただけのような気分であまり年月の長さを体感、実感していず、相変わらず元気で早朝からパンを焼きつつ、第16期の講習会を今週から迎えることになりました。





2016-03-22(Tue)

2016年3月22日
マット君からビデオが完成しましたというメールが届きました。
撮影もマット君の友人のプロの方だとか、なかなか映像がきれいですね。
シェアしてくださいね。

山内先生、

長い時間かかりましたが、楽健法のビデオできました!これで、楽健法が世界に広がりますように。

マット アジェイ

http://rakkenho.com/video/
2016-01-09(Sat)

東光寺・新春の短歌始め

  東光寺・新春の短歌始め

 東光寺の第15期楽健法セラピスト養成講座はあと二回となり、3月には修了します。
 私が「どうだん」という短歌誌に隔月で短歌を書いていますので、投稿したときには、楽健法を受講中のみなさんに作品をプリントして読んでもらっています。私は短歌歴もながくはありませんので、鑑賞に耐えるような秀歌が詠めるわけではありませんが、楽健法は、足で踏み合う健康法だけでなく、多面的に生活を楽しむ、また楽健法を継続していくうえで培われる人生観を短歌を通じてお伝えできることもあろうかと、読んでもらっています。
 先月、楽健法受講中のみなさんに、短歌を詠んで来てくださいと宿題にしてあったのです。
 そうしましたら以下のように、作品が生まれて持ってきていただきました。
 作品はランダムに並べて作者名は不明にしていますが、お読みいただいて感想をいただけると嬉しいです。


初春のあらたな光身を照らす心あらわれ前へと進む

ユリの樹をふりかえりつつこしかたをふたつに折りてはんてんをしまう

日本語のきれいな響き波のよう耳をすませば楽しい音色

あえなくも消えはてし家もまっ白き壁とかわりぬうれしき年始

わが息子熱き國へと旅立ちて心配つのる母のこころに

洗濯機ボタンを押せば洗い出す便利な機械毎回思う

せめてもと枯れあじさいの一枝を鉢も心も行きつもどりつ

バス電車歩かず移動寝ていても山越え野越え遠近自在

雪の日も酷暑極まる夏の日ものどかなる春エアコン動く

あたらしき年にちかいし心情の願い叶うと手をあわせ

落し穴またまたそこに落し穴這い出たつもり勘違いかな

お正月美し料理に腹ふくれ心みたされ身体おもたし

眠れない夜に唱えるご真言数ある中の光明真言

一枝一枝剣山に生けるごとに心置ちつく

温かき光のなかに見る夢は彼の歌声すばらしきかな

餅つきの音と香りをご馳走に食べ過ぎ次いで楽健法

いってらっしゃいの声を背中に今月も奈良への道ありがとう

寒暖の差に迷い居る紅葉葉も冬の便りに色づき急ぐ

晩秋に母逝きひとり後始末縁側で日を受けひと休み

気がつけば早や後少し通い居る磐余山にて笑顔の仏

元旦に夫と二人しスターウォーズ4DXとか水風ゆれや

元旦にこの世の行く末見てみよとレンコンの穴を覗いて見てみる

白鳥がガンが大空群れをなし今年もまた寒さがやってくる

大掃除終えて身体は悲鳴上げ楽健で身体大掃除する

楽健法踏んで踏んでと言われるよ貴方とわたし仲良しこよし

溢れ出る勢い盛んなパン種に今年こそは!とパンの焼き初め

セラピストみんなに会って忘れてた短歌の課題あわてて作る

あと僅か学びしものの終わるのを寂しく思ふ奈良の道かな

正月に太田代家が伊東家に早くなりたい太田代家に

自治会の今年は役員どんど焼き娘にたくし奈良へ向おう

さくだいらすんだくうきにあさまやませすじのばしてきあいいれ

ストレスのあるないというさいきんにみな一喜一憂たいへんな時代

楽健の庭にはだしでおり立ちてふみつふまれつ共生きのくに

共生の友と語ろう楽健法学びは深くそこはかなくて

高天原川のせせらぎ鳥のこえ雲海に居て畑を楽しむ

幸せの種をたくさんまきちらすしかし刈り取る者は少なし

今年こそ良き年にぞと言う我に幸せという夫我れ我れに返る

帰り道鳥の鳴く声聞こえたら夕空にVの字白鳥がゆく

お昼寝で「さとちゃんと寝る」は嬉しいがおしゃべり尽きずなかなか眠らず

卒寿の祖父一時は最後と思いきや元気に吟ずるこれぞうれしや

妹の寝息聞きつつ楽健に出合えし思い桜井の寺

石佛のいにしえ偲ぶ岩船寺夫と巡りしはや六十路こえ

はつげいこ打ち響きたる鼓の音心あらたに迎え悦ぶ

元旦に家族熱出しその後も次々ダウン我のみぞ残る

特急の乗り換え放送聞きながら残り二回と焦る我かな

オレンジに輝く大山伯耆富士車窓から見ゆる一瞬の幸せ

クリスマス行き交うひとはそれぞれにケーキ携え家路を急ぐ

街中をジングルベルが流れ行くわが誕生日祝うがごとく

香ばしい匂いとともに目覚めればあさの食卓楽健寺パン

ただいまの声にかけよる愛犬に顔を舐められ疲れ吹き飛ぶ

晴れやかな年のはじめのコンサート行進曲に心は躍る

子や孫の顔がそろいておせちに向かい一年のこと話しだす

冬晴れの車窓のけしきながめつつあと数回かと思いにふける

・絶え間なく流れるこの世せわしなく賢者の知恵は失われゆく

・若者達が見向きせぬ事に異国の人達が価値を見出し学び来る

・一体この国どこの国日本国はどこ行った?

・今こそ学ばむよしなごとそして伝えむとこしえに日本国の魂を


        投稿いただいたみなさん、ありがとう。
        ・は後で追加した。

IMG_4707.jpg
  持ってきていただいた短歌の走り書き メモ用紙







2015-12-31(Thu)

エレーナ・レーリッヒ (気高い魂の旅人)

エレーナ・レーリッヒ
              (気高い魂の旅人)                      

 エレーナ・イワノウナ・シャポシニコワは、ニコライ・レーリッヒとまさに一心同体の夫婦であった。
 ふたりの魂は分かちがたく結びあって高めあい、人生の目的意識を深層から自覚して生涯を送った。ふたりの高貴ともいえる自覚した魂がモリヤ大師のアグニヨーガに導かれたのであった。
 ふたりは人間としてきわめて高い能力と善い意志をもって暮らし、ともに生きる世代の人々にたくさんの大きな贈り物を残したのだが、彼らの事績がはっきり評価される時代は今後のことだろう。

 アグニヨーガは神秘好きの現代人にもまだまだそれほど知られているとはいえない。
 ニコライ・レーリッヒは思想家としても、画家としても類い稀なすぐれた存在ではあるが、二十世紀の思想家や有名画家の名前をリストアップしていけば、そこからはこぼれてしまうような存在である。ニューヨーク在住のかなり絵に詳しいアメリカ人でも、ニューヨークのレーリッヒ美術館の存在を知ってるひとは稀である。
 ニコライ・レーリッヒは、知る人ぞ知る存在ではあったが、20世紀のマスコミの波にのってブレイクするような存在ではなかったからである。
 
 エレーナもニコライもともにロシアの上流資産階級の出身である。
 ニコライ・レーリッヒは1874年8月16日に生まれた。
 エレーナ・イワノウナは1879年2月12日生まれで建築家の娘として生まれたが、ナポレオン戦争の時のロシア軍総司令官クトゥゾフの曾孫にあたる。クトゥゾフはトルストイの戦争と平和に登場する有名な将軍である。エレーナは音楽家で、ピアニストであった。

 ふたりの結婚は1901年10月28日。翌年、8月16日に長男のユーリが生まれている。
 
 ユーリ・レーリッヒはのちに世界的な東洋学者として知られるようになり、インドに30年間も暮らし、東大の中根千恵教授はこの間のユーリの愛弟子であったそうだが、ユーリは1960年5月21日にソ連で死亡した。

 エレーナ、ニコライ、ユーリという親子は1925年にニコライ・レーリッヒ調査団を組んで、カシミールからカラコルム山脈を越え、新疆地方からシベリア、モンゴルを経て、またチベット高原からシッキムへ帰るという、五年間にわたる探検旅行を行った。ユーリは『アジアの奥地へ』というこの探検記を書き、連合出版から翻訳されて出ている。

 ニコライ・レーリッヒはこの旅行中、アルタイ・ヒマラヤという大部な日記を書き、これはニューヨークのアグニ ヨガ協会で販売されている。
 他の探検家がこうした探検をして歩くと、大抵貴重な文化遺産を持ち帰りそれが国の博物館の宝として納められるものだが、レーリッヒは経巻一巻、紙切れ一枚持ちださないようにしながらこの旅行を終える。

 このレーリッヒの考え方は、のちに戦争で文化財を破壊しないようにという{ワシントン条約}の「レーリッヒ条約」という国連での条約となって実ることになる。

 だが残念ながら、人類は第一次世界大戦につづいて、第二次世界大戦という愚行を引き起こしてまたもや破壊を繰り返す。
 エレーナはニコライの理解者であっただけでなく、分身として、激励者、アドバイザーとして大きな役割を分担した。 二人はともにチャネリングができる霊能力をもっていたようで、アグニヨーガはモリヤ大師からそうして得た教えであろうか。

 ニコライ・レーリッヒの『モリヤの花』という詩集を加藤九祚さんが翻訳されているが、これも『モリヤの庭の木の葉』というアグニヨーガの教典に近いところがあって、ぼくには不可分の作品の感じがする。

 いわゆる詩集という一冊の文学作品というより、チャネリングで得られたモリヤ大師の詩のように思えなくもない。
 この詩は、『ヒマラヤに魅せられたひと』加藤九祚著、1982年人文書院刊の巻末に完訳が掲載されている。

 この書はぼくの枕頭の書で、三浦関造の著作などではなかなか得られなかった、さまざまな情報が詰まっていて、これを読んでからますますニューヨークのレーリッヒ美術館を訪問したくなったが、加藤九祚さんにうかがってみると彼はロシアとクルー渓谷などは訪れたそうだが、ニューヨークへは行っていないということだった。

 加藤九祚さんとは一度だけ大阪でお目にかかったが、風貌はニコライ・レーリッヒそっくりで、髭もニコライ・レーリッヒさながらに美しくのばしていられて、うかがってみると、ニコライ・レーリッヒに深く傾倒されているようであった。その後、NHKの教育テレビに中国での加藤九祚さんの遺跡発掘がとりあげられたとき、見て下さいとお電話をいただいた。
 
 ぼくがニコライ・レーリッヒの絵を見るためにいつかニューヨークへ行こうと考えはじめたのは1977年頃からである。1976年に、ぼくは始めてインドへ旅をしたのだが、インドへ誘ってくれたのは神奈川県平塚市の宝善院の現住職の松下隆洪師で、当時の彼はまだ副住職の気楽なころであった。

 一週間ばかりの短期の北インドとネパールの旅であったが一行のなかに、詩人の西岡光秋、小説を書いている田靡新八や武道家の松田隆智さんがいられたが、松田さんといろいろ話をする機会があって、松田さんはぼくに神智学のことや三浦関造のことをいろいろ教えてくれて三浦関造の著作の一読をすすめてくれた。

 いまから思えば松田隆智さんは一種の直感で、ぼくが出家してこれから辿ろうとしていた未来に道筋をつけてくれる役割をしてくれたのであった。
 彼は三浦関造の著作の題名をほとんどそらんじていて書いてくれたので、ぼくは帰国するやただちに、彼がリストアップしてくれた三浦関造の本16冊を全部注文して入手した。

 とりあえず全冊を読了したが、それらの著作のなかで、アグニヨーガのことやニコライ・レーリッヒのことを知って、レーリッヒの仕事に関心を抱いた。レーリッヒは生涯に約6000点の絵画を残し、絵はインドのクルー渓谷とロシアとニューヨークにあるということは分かったが当時のぼくは願ったからといって出かけることができる状況ではなかったのである。

 レーリッヒが人類の文化遺産を戦争で破壊しないための提案を国際連盟に提案し、当時の多くの文化人が賛同して、国連でレーリッヒ条約が結ばれたということなども知って、レーリッヒをもっと深く知りたいと思い、当時ニューヨークに在住していた友人に手紙を送ったら、彼女はさっそくレーリッヒ美術館へ行って彼の小さな画集やシャンバラという本などを買って送ってくれた。

 そういうわけで機会があれば、本物の絵を見てみたいというのが、長年の宿願になっていたのである。
 行きたい時にそこへ行けるというような自在な人生になれば、なんとすごいことかと思うが、いまだにそういう巡りにはなってこないで、クルー渓谷もロシアも宿願のレベルのままであるがニューヨークへは1995年についに行くチャンスがめぐってきた。

 東光寺へぼくが住むようになったのにも不思議な導きがあったのだが、東光寺へ縁が出来る前後に、つぎつぎと新しい人脈が広がってきた。そのうちのひとりに、ニューヨーク在住のダンサーの三条万里子さんがいて、彼女は、ふしぎな因縁からぼくが東光寺へ移り住んだことをことのほか喜んでくださり、来日のたびに東光寺へも楽健法の勉強に来られるようになった。

 彼女はぼくがアメリカへ一度も行ったことがないので「アメリカが嫌いですか」という。
 「じつはニコライ・レーリッヒの絵を見るためにぜひニューヨークには行きたいと思っています」というと、びっくりされて、「レーリッヒの絵を見たいなどという日本人に始めて会いましたよ。じつは私はレーリッヒが大好きでたびたびレーリッヒ美術館へ行きます」という。

 三条万里子さんがニューヨークで久々で多分最後のパフォーマンスをやることになって、これを機会にぜひいらっしゃいという誘いを受けて、ついにレーリッヒ美術館へ行く機会ができたのであった。

 ニューヨークのレーリッヒ美術館は平日の午後2時に開館し、5時には閉館するような、ひっそりとした美術館で、ロシア人のアグニ ヨガ協会のメンバーがボランティアで運営しているということだ。

 美術館といっても、ニューヨークのその町を構成している何軒か並んで建っているごく普通の4階建ての民家で、家具も置いてあったり、窓もそのままで特別に美術館として用意された建物ではない。額縁に絵や写真を入れてまとめて飾ったりするのは西洋人の得意技だが、ここの美術館も階段の壁面とか上下に絵を飾ったり、家具の間の細い空間にも飾ってあって、それがすこしもくどくないところが、長年の生活習慣から身に付いた業のように思って感心して眺めたものである。

 レーリッヒの絵はテンペラ画で、色がとても奇麗である。
 レーリッヒはヒマラヤを描いても、ヒマラヤの山襞の陰や、流れる雲にも、いろいろなイメージが隠し絵のように描き込まれている。

 ここのひとたちはみんなひどくさわやかな雰囲気をもった、こころの落ち着いた人たちである。
 ぼくははじめて訪れたような気がせず、その日は閉館までいて、帰りには絵はがきを全部を二枚づつ買ったし、やや大きな絵の複写も、ビデオと本も多くはなかったが置いてあるものはみんな買った。

 翌日の夜には美術館でコンサートがあるというので、また出かけた。静かに静寂を楽しむようなクラシックの音楽会であった。エレーナは音楽を日課のようにいろいろ聞いていたと加藤九祚さんの本に書かれているが、まさにこのような雰囲気で、ヨーガのこころを養いながら楽しんだのであろうと思ったことである。
  
 ぼくは三浦関造にのめり込むような読み方はできなかったが、かれの著作を読むことで、ヨーガと神智学の世界へ誘われるきっかけになって、ドーリル博士の本や「ヒマラヤ聖者の生活探求」なんかをひと通り読んだ。
 『モリヤの庭の木の葉』も1巻だけがでていたようだが、なんどか読んだ。
 竜王文庫から出されている本は大抵は解説などはなく、この本にしてもニューヨークのアグニ ヨガ協会から出されているものの翻訳(英文から)であることは奥付でわかるが、だれが日本語に翻訳したなんてことは、どこにも記載されていない。

 原著がどのようにして書かれたかもわからない。ぼくはこの本はエレーナがチャネリングでモリヤ大師から受け取ったものではないかと考えてきたが、どうなんだろうか。それともモリヤ大師がタイプして残していった本なんだろうか。

 立派な教えがあれば充分で、どこでだれが執筆したなんてことには、関心をいだいてはいけないのか?
 最近になって、エレーナ書簡集・二巻本(英文)を拾い読みをしていると、エレーナが、ブラバッキー夫人がインドに暮らすイギリス人の少女に転成して送って来た通信について書いた記述なんかがあるので、彼女はかなり深く霊能を働かしていたことがわかる。

 『モリヤの庭の木の葉』には、ぼくはいくつか当時のぼくの考えや暮らしについて、まさにぼくのことを予言してると思えるような暗合がいくつもあった。

 三浦関造の本でシャンバラのことを知ってから、シャンバラとはどんなこところか、などという想像をたくましくして、当時よく大阪へ遊びにきていた松下隆洪と歓談の末、シャンバラを探索し潜り込むことを前提に、「聖シャンバラ大白色聖同胞団日本細胞準備局」などと命名し、総局長はぼく、家内は秘書、松下隆洪は関東局長を拝命しほかに会員はひとりもいないという秘密結社をこしらえて活動を開始した。

 さっそくシャンバラを探索するインド旅行を企画して募集したところ、丸山博先生や佐藤任さんなどが参加してラダックへ出かけたりした。

 当時のぼくは、劇団阿修羅などというものをこしらえて、書き下ろしのひとり芝居「がらんどうは歌う」をもって各地で公演したりもしていたのである。演ずる俳優は浜崎満さんひとりだが、阿修羅の劇団員には、宮坂宥勝先生や佐藤任さん写真家の宮内勝さん、松下隆洪なども入っていて、各地の寺院などで公演を重ねた。当時はひとり芝居をやる俳優もあまりいなかったが、この風変わりな阿修羅の公演は、「流動」という月刊誌や、週間朝日のコラムにも書かれたりした。
 
 人間の霊性に関する秘密を解き明かそうとするのが神智学と名付けられた世界である。
 それは仏教やバイブルの教えにも、きちんと書かれてありながら読むこと(解読)ができなくなったのが現代の宗教家というものである。
 卓越した知識と高い霊性をもったブラバッキーというロシア夫人が、旧来の宗教界、精神界にいわば衝撃を与えるような形で始まったものである。
 このブラバッキーの展開してみせた場面から、今日の未来志向、第三文明への道筋ははじまっているといえなくもないが、霊性についてなにごとかを言えばこれを誹謗し、叩き潰しにかかるのが世の常識界に生きるものの常である。

 キリスト教も仏教界も常識に受けいれられる範囲での、宗教性、精神性、霊性でしかないのである。旧来からの宗教家たちには、常人に見えないものが見えたり言ったりする、いわば不可思議を具現するような能力はほとんど失われて伝承もされていないのである。

 神智学は、そういう既成の伝統的な宗教にたいする批判的な見方を内包しているし、科学的な立場からのみものを考え判断して、人間をものとしてしか判断しようとしない科学的立場のひとびとにたいしての批判としても存在している。

 科学は科学の対象とするものを狭く限定していて、5%のひとには見えるが95%のひとには見えないものにたいしては科学の対象としない。
 人間は5%のひとびとが霊的なことが理解でき、95%のひとは霊的なことなんかとは無縁だとコリン・ウイルンがオカルトという著書のなか書いているのを読んだ記憶があるが、科学的な立場からなにかを研究しようとする大方の科学者も、霊的理解力ゼロの95%の人々であって、人間社会はそういう構成地図の上に成立しているということを自覚したうえで、霊的なことがらを扱かったりすれば、とんでもない迫害を受けることにもなりかねない。

 そういう意味での日本の迫害は福来友吉博士なんかの例なんかがそうだが、不思議な能力を持った人々を調査し実験してみるということも世間の95%は容認しないばかりか、狐狸の類いに属する低級な人種であるとして、アカデミーから追放の憂き目にあうのである。

 伝統の宗教には、人々は一応の理解を示し、95%のひとが抵抗なく受け入れられるような無難な次元で執り行われている。伝統宗教を行うひとびとも95%に属するひとびとが執行しているので、せいぜいモラル程度のことをいってとりしきってきたし、これからもそれが継続していくことは間違いがない。

 ニコライ・レーリッヒがブレイクするようなことが起こらないのは、アグニヨーガ協会を組織したことと無縁ではない。多分道ゆくひとは、表札を見てなんだか分からないような顔をして通り過ぎていくだけである。なかに置かれてある一枚の絵にどのようなメッセージがこめられてあるか、なんてことには見当もつかないであろう。

 モリヤの庭の木の葉の一節、

   102  ありあまる世俗的人生のさなかでは、霊は約束の寺院に入れない。
      幸福は君のハートの入口にある。
      しかし聖なる言葉がその入口をくぐることはむづかしい。
      幸福はこれを拒絶した多くの人々から離れて行った。
      わたしは君に至福を送る。

   109 不思議なことが生活にはあらわれる。
      眼を見開け、そうすれば解る。

   128  未来の為に努力せよ。
様々な力が君を助けるために奮い起こされるだろう。
      オーケストラは様々な楽器で構成されているが、交響曲はすぐ終り、そ
の響きは開いた窓から消え去ってしまう。

      予定された道を早く学ぶためには多くの苦労をした方がよい。
      野生のばらではなく、愛で育てられた庭を眼は認める。
ハートはマインドの妄想に気づくが、真理を知っている。
      
 この本のどこを読んでもエレーナはモリヤの教えを身を持って示したき賢夫人であったということがわかる。
 美を愛し、理解し、夫とともに身命をかけるような探検旅行のなかでてきぱきと判断して、みんなから信頼される人間であった。エレーナ・イワノウナ・シャポシニコワというレーリヒ夫人は、書簡を読んでみるかぎり、優れた教育者のような資質をもち、怠惰な人間にたいして、普通のことが普通にできるような人間たれ、怠けるな、善い意志をもってよく働けということをいっているだけである。

 神智学や密教、秘教的なことや、信仰や宗教に高い関心を抱くのはいいが、霊的なことに惹かれて妄想をたくましくするあまり、実生活をおろそかにして足が地に着かないひとがよくいるが、アグニ・ヨーガの教えは「モリヤの庭の木の葉」を読めばよくわかるが、人間の当為(成すべき仕事)を健全な生活においているのである。

 任意なページを開いたら、いつでもその時に必要な知恵のことばが現れるのである。

  絶えず働いている家長のように、僅かな労役の汗を恐れるな。
  悪い行為でさえ、無気力よりましである。
  港に行ってみよ。各人のために船が用意されてある。

=================================================

 リンク ニコライレーリッヒ美術館
  
 ●2003年の東光寺だよりから転載●
 
2015-10-08(Thu)

名古屋三喜神社で楽健法講習会

moblog_15a805ec.png


朝晩めっきり涼しく冷え込みさえします。いつもご指導ありがとうございます
添付資料のように、11月14日、21日に三喜神社で新たに講習会をします。
初めての人にもなじんでもらえるよう、あまり細かいことはいわず楽しく足を使ってからだほぐしを
したいと思います。
二人ヨーガの後は簡単な一人ヨーガをして、自分のからだの硬さやしなやかさを実感します。

来年1月からの定期講習を考えています。今回はそのプレ講習で多くの人に気軽に参加してもらい、からだほぐしの楽しい場にしたいと思います。
HPにも告知をお願いします。

*****************
楽健法名古屋教室
斎木圭子
080-6946-3788
*****************
2015-09-26(Sat)

楽健法講習会 10月29日木曜日 松江茶山教室

松江市茶山で10月29日 楽健法教室の講習会があります。

IMG_4395.jpg
2015-09-09(Wed)

マット君からのメールfrom America

山内先生、

お久しぶりです!アジェイ(マット)です。本当に長い間お話してないですね。お元気ですか?
この前にメール送ったけど、アドレスが2つがありますから、見えたかどうかわからないから、もう一回送りますね~
山内先生、
ちょうど今日先生にメールするつもりがGuru Purnima and Blue Moonでもある。すごいタイミングですね。山内先生は僕の人生の中で、大切なグル、ティーチャである。今まで、ありがとうございました。
先生にアップデートしたい事があって、連絡したいと思うていました。
この何ヶ月に楽健法は教えていなかった。大学院生になって、忙しくしてた。でも、クラースはやってないのに、どんどん、楽健法、教えてほしい人たちが出てきました。この前
南アフリカの人から連絡きました。僕のブログ見て、楽健法習いたいっと言うていました。
こいうよな事がどんどんhappeningしてます。
前からidea がありましたけど、最近インスプレーションがわいてきました。英語ばんの楽健法のビデオ作りたいっと声が聞こえてきた。これが、僕の自分の声より、もっと大きな存在から、僕が作るべきっと感じています。
インスプレーションだけ、ではなく、ちょうどcircumstancesも合うよになった。僕の中学生のころの友達とまた縁があって、彼がプロのfilmmakerの仕事してます。彼と話しいしてて、このプロジェクト一緒するっと言うてました。
今のideaは20分か25分の楽健法のやり方の基本を教えるビデオです。HDでとるつもりです。このビデオは今までの楽健法のsanghaコミュニティーのため、先生たちと楽健法の皆さんにありがとうの気持ちいで、ビデオを作って、vimeoやyoutubeにアップするつもり。楽健法は世界中に広めるためになるとおもってます。
このプロジェクトを山内先生のblessingあったら、いっしょけんめい楽健法ビデオプロジェクト作られます。
このビデオはうまくいったら、これがseriesの第一になる~いずれ、英語と日本語で、山内先生と楽健法のドキュメンタリー作れたらいいなと思うってます。
長いメールになりました。
先生は元気にいって、嬉しいです。
今まで、ありがとうございました。
アジェイ

Ajay Shima - RYT
Integrative Healing Arts
805-208-8130
swamipremajay@icloud.com



2015-09-04(Fri)

☆楽健法と奈良裕之 音浴メディテーション☆Rakkenho & Sound Meditation with Yuji Nara☆

☆楽健法と奈良裕之 音浴メディテーション☆Rakkenho & Sound Meditation with Yuji Nara☆

Rakkenho USA

極上の癒しの時間!

映画ガイアシンフォニー第6番に出演された音霊アーティスト、民族楽器の即興演奏家の奈良さんと行く聖地巡礼の旅、最終イベントです。奈良裕之さんの素晴らしい音浴で楽健法を行うという、初めての試みを是非体験して、心と身体の芯まで癒されてください。。当日は、奈良さんのCDや奈良さんの、新しく生まれた書の販売もさせて頂きますので、是非、皆様も、この機会に、楽健法と奈良裕之の音浴瞑想で、心も身体も癒されて下さい。

楽健法は、どなたでも簡単に出来ます。受け手も、与え手もフット ヒーリングで身体がほぐれた後は、皆で横になり、奈良さんにサイレントセッションをしていただき、さらに、癒されてください!
楽な服装で、お水とヨガマットを持参してください。
なお、ヒーリングの後は、奈良さんの楽器を弾かせて頂くことが出来ます。

日時:9月7日(月) 午後3時~6時
場所: Genki Club 元気倶楽部
    18187 Van Ness Ave.
    Torrance, CA 90504
駐車場:あります。
定員: 14名
料金: $30

予約制ですので、問い合わせ、お申し込みは、
rakkenhodehappy@gmail.com
みちよまで!

facebook event page
https://www.facebook.com/events/1621336674801774/


※楽健法は、宇宙のエネルギーを取り入れて、
 相手の身体を足で踏んでほぐしていくものです。
 足で行うので、広い範囲を奥深くまで押圧することが出来、
 硬く緊張した身体を和らげ、血液やリンパの循環を促進し、
 自然治癒力を高めることにより、あらゆる病気の予防になり
 さらに若さも保てる方法です。
 身体がほぐれれば、心もほぐれて、笑顔があふれます。
 是非、一度体験してみてください。

=奈良裕之 プロフィール
1954年生まれ。北海道・釧路在住。
民族楽器を即興で奏でるというスタイルで、
20年前より演奏活動を行っている。
ライフワークとして、教育・福祉施設などで演奏し、
人々と深く交流。
舞踏・詩・絵画・写真・アイヌ詩曲舞踊団
「モシリ」とコラボレーションを行って来た。
98年より『地球交響曲・第3番』出演の
アラスカ先住民クリンギット族の語り部、
ボブ・サム氏と日本各地で共演する。
06年、同映画『地球交響曲・第6番』
虚空の音の章に出演。
海外では、アメリカ・オーストラリ ア・
インドネシア・タイ・韓国にて演奏。
一般公演の他、神社・寺院・遺跡などの聖地で
奉納演奏を数多く行う。
人の奥深くに眠る本質に伝え響く音として、
瞑想・ワークショップなども開いている。
また音楽活動の他、写真や書による個展も開催。
<奈良さんのFBページ>
https://www.facebook.com/narayuji?fref=ts

=増渕 みちよ プロフィール
2012年1月から、 Integrative Healing ArtsのAjay Shima 先生より楽健法を学ぶ。
2013年3月に楽健法創始者、奈良県桜井市 東光寺住職 山内宥厳先生の講習会に参加した後に、山内先生より、楽健法研究会 L.A.支部長に任命される。
2013年8月、沖縄楽健法研究会発足記念講習会に参加。
2014年4月 楽健法研究会 U.S.A. と名前を改める。
2015年4月 奈良県桜井市東光寺でセラピストコースに参加。
他に、
1995年 Play Mountain Placeにて、コミュニケーションと平等問題解決法を学ぶ。
1998年 SMAP childcare スタート。
1999年 トーマスゴードン氏のPET インストラクターになり、子供に愛を伝える《ハート コミュニケーション》講座を行う。
受講生は100人を超える。
<楽健法U.S.Aの FB ページ>
https://www.facebook.com/Rakkenho.usa?fref=ts


Happy Healing

Michiyo Masubuchi

Rakkenho Society of Los Angeles U.S.A
Directly and drastically improve circulation within the body.Deep Relaxation
Happy Sound Healing
Crystal bowl, Singing bowl, Samadhi bowl.Deep Relaxation
Heart Communications
Peaceful Communication and Relationship.
2015-08-26(Wed)

楽健法教室と天然酵母パン米子講習会

      楽健法教室と天然酵母パン米子講習会

楽健法創始者の山内宥巌先生を奈良からお迎えして、米子で行われる講習会です。
そして、先生の考案された天然酵母のパン作りもご指導いただけるという内容となっていますので、ご興味のある方は是非この機会にご参加くださいますようご案内申し上げます。

日 時:10月30日(金) 9:00~16:00 (パン講習)
会 場:パン講習 マクロビレストラン 日々の糧
参加費:5000円
講 師:山内 宥厳先生
       
 


楽健法講習会 講師 山内 宥厳先生
10月31日(土) 10:00~12:00 (講義)
          12:30~16:00 (実技)
          16:00~17:00 (茶話会)
会 場 エムスリーカルチャースクエア

11月1日(日) 9:00~12:30  (実技)
会  場 米子市文化ホール 
参加費用:7,000円 
       
各自持参するもの
楽健法 : フェイスタオル、ズボン、あればヨーガマット
パン教室 : エプロン、三角布、筆記用具、
              
申し込み先:090-9464-1149 西山
(申し込み〆切10月20日)
2015-08-26(Wed)

米子で楽健寺の天然酵母パン講習会 10/30

  ***** 楽健寺の天然酵母パン作り講習会 *****

IMG_0158.jpg


楽健寺の天然酵母パン創始者の山内宥厳先生から直接学べる天然酵母パン作り講習会です。
りんご、にんじん、ながいも、ごはんなどでパン種を作り、焼いたり、揚げたり。
パン作りが初めてというかたも先生の丁寧なご指導がありますので大丈夫です。
身体にやさしく、健康にもいい天然酵母パンの作り方を学びましょう。

日時:平成27年10月30日(金)

9:00~16:00

場所:マクロビレストラン 日々の糧
        TEL 0859-34-3773

米子市明治町197 真田ホテル2F
駅前パーキング利用の方は割引券あります。

参加費:5000円

エプロン、筆記用具などは持参してください。
参加希望の方は、日々の糧に直接申し込み下さい。

   お問い合せ先 : 090-7137-4605(細田)
2015-08-15(Sat)

楽健法 トーランス 練習会と初回無料体験のお知らせ

Rakkenho USA
13:31 (10 分前)

To Bcc: 自分
楽健法 練習会のお知らせです。

健康は自分で管理しましょう!
身体も心も喜ぶ楽健法!
踏まれるだけ~の人大歓迎!
軽いストレッチ、呼吸法をしながら、お互いに癒されましょう。

日時: 8月15日 土曜日
     午前9時半より12時まで
場所:オールド トーレンス M lab LA
1327 Post Ave #L Torrance CA 90501
二階です。駐車場は建物の裏にあります。

持ち物: 顔用タオル 2枚
     水やお茶などの飲み物。 
     楽な服装 (レギンズやスエット パンツにTシャツ)

参加費:$20(suggested Donation)初回体験無料

“踏んで踏まれて、心も身体も健やかに!”
二人一組になり、足で相手のからだを足で圧をかけることにより、硬くなった筋肉をほぐし、循環を良くして疲労や病気を回復させることができる方法です。


足で圧をかけることにより、
硬く緊張した身体を和らげ、血液やリンパの循環を促進し、
自然治癒力を高め、リラックス出来、身体が柔軟になり、
乳がん、脳梗塞、腰痛、神経痛など、あらゆる病気の予防になり、
さらに若さも保てます。
足で行うので、手で行うよりより広い範囲を奥深くまで押圧することが出来ます。
何回かの練習会参加により、子どもや女性など、力の弱い人でも簡単に行うことが出来、足腰も強くなります。一度体験してみてください。

お一人でも、ご夫婦でも、親子でも、お友達同士でも、踏まれたいだけの方も(笑)、気軽にクラスに参加して、健康法を身につけませんか?

・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪
Happy Healing

Michiyo Masubuchi

Rakkenho Society of Los Angeles U.S.A
Directly and drastically improve circulation within the body.Deep Relaxation
Happy Sound Healing
Crystal bowl, Singing bowl, Samadhi bowl.Deep Relaxation
Heart Communications
Peaceful Communication and Relationship.
2015-08-12(Wed)

妹に楽健法を!/!




2015-08-11(Tue)

うららの郷楽健法

宥厳先生
こんにちは。
幸子先生の指は良くなりましたか?

嬉しい事がありましたので、先生に聞いて欲しくメールしました。

4月より群馬県みなかみ町の集会所で「うららの郷楽健法」を始めました。
地域の人達が、5人から10人ほどが集まり踏み合い会をしています。
何しろ新人ばかりの集まりですので、あっち向いたりこっち向いたり・・・

8月で5回目になりましたので、
私の師匠で有ります、溝口美伊先生に一度姿勢のチェックに来て欲しいとお願いしま
した。
そしたら、弟子11人が我も我もと一緒に来てくれました。

7人の地域の人達は、溝口さん率いる11人の指導で目覚めた感がしました。
みなかみの家には、安益耕平さんの絵と先生の「楽健法の家」の看板を掲げ、
不安の中で始めた踏み合い会ですが、溝口さんたちのお蔭で一歩前に進めた気がしま
した。

少しでも楽健法の良さが、みなかみ町に広まってくれたら良いなあと思います。
近所の人が覗きに来たりするので、まだ増えそうな気がします。
先生に良い報告が出来るように頑張ろう・・・と思っています。

それではご報告まで・・・
宥厳先生、幸子先生お体に気を付けて、風邪などお引きになりませんように・・・
11月の合宿には行きま~す。
                       齋藤 みつ子
2015-07-09(Thu)

奈良楽健法研究会 指導者養成講座 会場 奈良町 松前旅館



     奈良楽健法研究会 楽健法指導者養成講座

奈良町の松前旅館で楽健法指導者養成講座

楽健法の指導者、セラピストとして多くの人が活躍できるように山内宥厳先生の直伝講座が不空院で始まります。
受講者が参加しやすいように、平日の木曜日と週末の土曜日の2コースを設けます。
週末か平日コースを選んで受講してください。 

受講料 平日、週末コースとも 一括前納 
受講回数 12回 受講料 84000
12回終了後、ご希望の方には初伝が授与されます。(允許状代は別途3万円)
早く深く学びたい方は両コースを同時に受講することも可能です。

また、単発で参加したい方は、1回8000円ですが、通算12回出席すれば、初伝允許が授与されます。(允許状代は別途5万円)

募集人員:木曜コース・土曜コース 各24名

基本第1土曜日、および第4木曜日
09:30〜12:00 講義 魂の羅針盤
12:00〜13:00 昼食(楽健寺パン)
13:00〜16:00 実技

講義と実技指導
 
IMG_3263.jpg

山内宥厳先生


奈良楽健法研究会からのお知らせは以下のURLに掲載いたします。
ブックマークしてください。
 http://rakkenho.blog.fc2.com/楽健法のブログ


会場 松前旅館 奈良楽健法研究会 
申込 mail : narayogaretreat@gmail.com
電話 090-6549-3577 高橋トーマスまで申し込み、お問い合わせください。

講習会の日程


*土曜コース
8月13日(第2土曜)
9月3日
10月1日
11月5日
12月3日
2017年に継続予定

*木曜コース
7月28日
8月25日
9月22日
10月(お休み: 宥厳先生 松江合宿のため)
11月24日
12月22日
2017年に継続予定




宥厳先生が40年にわたって普及運動をしている楽健法と楽健寺の天然酵母パンはいろんなメディアで取り上げられています。

2015年5月26日放映の「ごぶごぶ」



奈良TVの「校区を歩こーく」



がっちりマンデーにも取り上げられて出演しています。

gacchirimanday.jpg

https://www.facebook.com/yugen.yamanouchi/posts/828091767270701?pnref=story

















2015-05-29(Fri)

二人ヨーガ楽健法米子講習会のご案内

楽健法とは二人一組になって相手のからだを足で踏んでほぐしていくものです。

固くなっている筋肉をほぐし、血液やリンパの詰まりを取り除き流れを良くして、体に

たまった老廃物が排出され代謝が促されます。体がスッキリ軽くなり踏んだほうも元

気になります。また、相手とコミュニケーションを取りながら行うため、思いやりや気

づかいの心が生まれます。日頃の疲れを楽健法で解消しましょう。

講 師:山内宥厳先生 楽健法研究会本部 奈良県桜井市谷 東光寺住職

日 時: 平成27年 5月30日(土)
9:30~受付開始
10:00~12:00(講義)
12;00~12:30(昼食」) ;
12:30~16:00(実技講習) ;
16;30~懇親会 :
会 場: 米子市公会堂2F 和室
米子市角盤町2-61 (0859)22-3236
(0859)34-4171


平成27年 5月31日(日)
8:30受付開始 9:00~12:30(実技講習)
米子市文化ホール2F 和室1,
米子市末広町293


持参する物;フェイスタオル1枚、動きやすいズボン、長袖Tシャツでご参加下

ヨーガマットをお持ちの方は持参してください。

{申込先} お問い合わせは電話で。

楽健法の里 090-9464-1149
0859-34-1684(TEL/FAX) 西山


30日午前のみ参加 4000円 ・30日午後のみ参加 7000円

30日全日参加 10000円 ・30日懇親会は希望者のみ各自負

(昼食は参加費に含む。)

31日参加費 7000円(講習終了後は解散となります。)

2015-05-24(Sun)

マドウ・プリヤ インド舞踊奉納 7月11日(土)東光寺

マドウ・プリヤ インド舞踊奉納公演
 
日 時 7月11日(土)午後6時から受付 開演 6:30 終演 8:45 の予定
場 所 東光寺本堂 駐車場あります。
入場料 2000円 参加希望の方は 電話 090-4301-0228 山内宥厳まで
    終演後楽健法道場で簡素ですが、食事の接待があります。 

第1部
奉納 インド舞踊 マドゥ・プリヤ 
演目:stuthi panca ratnam/ストゥーティパンチャラトナム
マドゥ・プリヤさんは東光寺本堂でインド舞踊を毎年奉納公演され、今年は13年目かと思います。

第2部
独白劇 がらんどうは歌う山内 宥厳 作・出演・演出
音楽 西澤 真由美
照明 近藤 琴美


マドゥ・プリヤさんの挨拶

今年も東光寺で、舞を奉納させていただけることになりました。
山内宥厳先生、幸子先生のご厚意に心より感謝申し上げます。
楽健法の生徒の皆様にも、毎回ご協力いただきありがとうございます。
精一杯踊りますのでどうぞよろしくおねがいします。

演目:stuthi panca ratnam/ストゥーティパンチャラトナム

サンスクリット語で、直訳すると「5つの宝石の賛歌」という意味の演目です。
ヒンドゥー教の代表的な5人の神様=ガネーシャ、ムルガン、シヴァ、
ドゥルガー女神、クリシュナへの賛美の歌と踊りが、それぞれ5つの異なる音調とリズムでつづられています。

ちなみにシヴァとドゥルガー女神は夫妻であり、その息子たちが象の頭をしたガネーシャ神と孔雀に乗った軍神ムルガンです。
最後のクリシュナはヴィシュヌ神の化身で、牛飼いの少年の姿をしています。
文字通り、宝石のように美しく輝く一連の踊りをお楽しみください。

今年は、4月のネパール大震災で犠牲になった方々のご冥福と、被災地の一日も早い復興もあわせて祈願して踊りたいと思います。


moblog_e851d454.jpg

ガネーシャ神のポーズ
2015-05-15(Fri)

ネパール大地震現地報告

ネパールが大地震に見舞われて数千人以上の人が死亡するという災害が起きました。
世界中から支援の手が差し伸べられています。
大きな災害が起きると、日本のような先進国でも復興はなかなか進みません。ネパールの地震は山間部の道路も整備されていない地方などは放置されたままの所も多いことだろうと思われます。
三年前の8月に私は20数年ぶりに楽健法を指導する為、秋田寅吉さんのマッサージセンターへ行き10日間の特訓指導をして来ましたが、そこも倒壊はしなかったものの、亀裂などが入ってるので使用出来ず補修する必要があるとのことです。
私も沢山いるネパールの知人の安否もつかめませんが、この度寅吉さんから以下のようなメッセージが
届きました。被災者でありながらも緊急支援プロジェクトを立ち上げて救済に立ち上がってるとのこと、私もこれを応援します。
日本赤十字社へカンパされたお金が何処へ消えるのか分からないという不信感を抱く人も多いです。
こういう善意で立ち上がった友人や仲間の手にカンパを手渡して少しでも救援活動を応援したいと思います。ぜひカンパにご協力下さい。以下は秋田寅吉さんからのメッセージです。


秋田寅吉 2015.05.07.カトマンズより

4月25日にネパールは大地震に襲われました。その状況は下記の動画をご覧ください。都市部も部分的に大きな被害がでましたが、人口の7割が暮らす地方の山岳地帯では甚大な被害が発生しています。私は当地在住の友人たち{ネパール人、日本人、インド人、スイス人}と緊急支援プロジェクトを立ち上げ、4月29日よりカトマンズ周辺の村々へ食糧支援を行っております。

ネパールの農家は自然石を粘土で固めて積み上げ壁を作るため、耐震性がなく地震で揺らされると短時間で倒壊します。そのため逃げ出すのが精一杯で食料を持ち出すことができなかった人々が大勢います。現在は公的機関の支援活動は都市部に限られ、カトマンズ近郊でも少し奥地に入ると全く支援が届いておりません。このため自主的な支援組織が各地で結成され食糧支援活動が行われています。医療を必要とする人々が大勢いますが、現在は食糧支援で精一杯のため医療活動をする余裕がなく何もしてあげられないのがとても残念です。

農村部では壊れた家屋の建て替えや修復は雨季が終わるまでできません。湿度が高いと粘土が固まらないからです。6月中旬から雨季が始まります。雨季は9月中旬まで続き、この間が農家にとっては忙しい季節です。すでに農繁期が始まっているのです。このような状況のため、今後食糧支援のほかにも様々な支援を必要とすることが多々出てくると考えられます。「ネパール最大の国難」を乗り越えるには相当な時間を要するでしょう。私たちはそれぞれに仕事を持っているため緊急事態が納まったら仕事を始めなくてはなりません。しかしネパールに暮らしている利点を生かし地道な支援活動を長く続けてまいります。これから私たちの活動をユーチューブ動画「ネパール大地震現地報告」にてご報告して参ります。ネパールを愛する日本の皆様へご支援をお願いする次第です。

            ――――――――――――――――――――

ネパール大地震支援金振込み先

受取人は兵庫県宝塚に住む私の叔母松下ふさ子です。叔母から纏めてネパールへ送金して頂きます。

銀行口座

松下ふさ子

池田泉州銀行中山台支店 普通 2160000



郵便局の場合

松下ふさ子

記号 14330 番号 51346781
iPhoneから
=================
山内宥厳
?0744-46-2410
09043010228
ytokoji@begin.or.jp
633-0053
奈良県桜井市谷381-1
=================
2015-05-07(Thu)

楽健法だより第2号発行しました

rakkenhodayori2coverpic.jpg

楽健法だより第2号発行しました。
只今印刷に回しています。

楽健法だより第2号


(バックナンバー)
楽健法だより第0号

楽健法だより第1号











2015-05-06(Wed)

東光寺の楽健法講習会

http://www2.begin.or.jp/ytokoji/rakkenho/kyoshitsu.htm

東光寺山はいま新緑に包まれています。
樫の木の紐のような花が際限もなく降ってきて庭を埋め尽くします。
楽健法本部・東光寺の講習会は毎月第4日曜日です。遠隔地から来られるひとは前泊ができます。
毎回数人の方が前泊されています。日程は上記のURLからご確認ください。
サクランボの実る木が一本あって赤くなった実を昨日食べてみると意外と甘かった。
かなりの数の実をつけますが、いつも小鳥たちに平らげられてしまいます。
昨日はほとんど残っていませんでしたが、やっと手がとどく実を数個取ってみました。
本堂横には等身大の御大師様の石像が鎮座していられます。

IMG_1598.jpg
2015-05-03(Sun)

不空院文化講座・魂の羅針盤「楽健法の世界観」山内宥厳を紐解く

5月2日 「奈良ヨーガリトリートin西大寺」の楽健法講座は70名近い参加があって盛会でした。
このセミナーに続いて、来月から山内宥厳先生の連続セミナーが毎月一回、奈良市の不空院で開催されます。
生きること、人間のあり方、健康とはなにか、あなたの人間観、世界観がさらに深まることでしょう。
 人生は苦であると前提した従来の仏教やインド思想を、人生は楽である、を前提として考え直すセミナーです。楽健法が人間のあり方を変えていく、この簡明な楽健法の生き方をあなたも獲得しましょう。

fukuuinlecture.jpg


5月3日 今日は友永淳子先生のヨーガ教室が西大寺で開かれています。

2015-04-30(Thu)

楽健法名古屋教室踏み会の誘い

楽健法名古屋教室踏み会の誘い

nagoya.jpg


楽健法名古屋教室のおしらせ
毎月2回7、8名の参加で踏み方の研修や自分の癒しに踏みあっています。
現在の参加者はほぼ初伝クラスです。新規の方またさらに上級を目指す方も参加してください。
希望者には履修回数により、初伝、中伝、奥伝の許可状が本部より授与されます。(允許料別途必要)


2015年5月以降のスケジュール
5月10日(日) ・24日(金)
6月7日 (日) ・26日(金)
7月5日 (日) ・24日(金)
8月2日 (日) ・28日(金)
時間: 13時~16時半
会場: 千種生涯学習センター和室(千種税務署隣)
名古屋市千種区振甫町3-34 tel 052-722-9666 駐車場有
地下鉄:東山線「池下」下車、一番出口北へ1km
参加料:1回3,000円 年会費1,000円

お問合せ
名古屋楽健法踏み会名古屋教室
主宰・斎木 圭子
mailto:yoga_rakken2s@yahoo.co.jp
電話 052-721-2574

名古屋の斎木圭子先生の教室で、初伝、中伝、奥伝と楽健法の允許が取得できます。
詳細については、斎木先生にメールか電話でお問い合わせください。

2015-04-01(Wed)

世田谷楽健法同好会 200回記念 

   世田谷楽健法同好会 

 世田谷楽健法同好会は梶原喜久子さんが始められた楽健法同好会です。
 3月20日200回記念の講演と楽健法指導に招かれました。

 梶原さんは、100回続けられたらという気持ちでやってこられたそうですが、100回で打ち切ることはなく、少人数ながらみなさんで楽しい楽健法の時間を継続して来られたのだそうです。いつの間にか200回。気づけば八年を超えてやってきたとのことでした。300回に向けてぜひ続けてください。と激励してきたことでした。

IMG_3626.jpg


IMG_3627.jpg


世田谷楽健法同好会ブログ





楽健法だより 隔月刊を刊行しています。

ダウンロードして、pdfファイルでごらんいただけます。

楽健法だより第0号

楽健法だより第1号

2015-03-30(Mon)

第2回 奈良ヨーガリトリート in 西大寺

     第2回 奈良ヨーガリトリート in 西大寺  開催に寄せて


 真言律宗の寺・不空院では、2012年暮れより庫裏を利用してのヨーガ教室を開催してお ります。はるばる春日山の麓まで通う方が在るだろうか?との不安を他所に、年配者か ら妊婦さんまで幅広い層の生徒さんが集っておられます。
 現在では健康法の一つとして広まっているヨーガですが、本来は身体の修練により精神 の統一を目的とするものです。これは仏教の瞑想にも通じるところ。ヨーガと云う呼び 名自体、「瑜伽(ゆが)」つまり密教で行者の身・口・意の動きが仏と合致することを示 す言葉から来ております通り、空海上人が日本に伝えられた密教とは源流を同じくする もので、真言宗とは浅からぬ縁を持ちます。
 お寺でのヨーガは突飛なようでいて、実は 自然な本来の姿であると考えます。 指導にあたられる高橋トーマス先生も、単に身体的健全を得るのみではない精神的充実 に重きをおかれヨーガを納めて来たなかで、お寺で開催する教室に大きな意義を感じて おられます。事実、山門をくぐり御仏への礼を持ってヨーガを学ぶ方々のお顔には、穏 やかな充足の色を見て取れる此の頃です。
 その意義を持って、もっと多くの方々にこの充足を知って頂くべく、高橋トーマス先生 を中心に「奈良ヨーガリトリート」と銘打ちました催しを企画いたしました。
 本年は第 2回目となります。
 当方では手狭なため、当宗派の総本山である西大寺に会場を願い、 昨年は盛況となりました。高橋トーマス先生が師と仰がれお招きした友永先生のお力も 然る事ながら、西大寺の持つ情調が参加者に好評を得ました。
 本年は、東光寺・山内宥厳住職にも講師として御参加いただきます。
 師の提唱される生 き方は、ヨーガを通して仏教を通して活き活きと過ごし老いる教え。まさに現代社会が 今必要とするものと考えます。
 (山内住職には、6月より開講予定の不空院文化講座で 「山内宥厳の思想と楽健法」について連続の講座を担当していただきます。)
 ひとりでも多くの方々にお寺に足を運んでいただき、互いに密教の流れを汲む真言とヨ ーガの智慧に触れ、日々の暮らしがより一層豊かになりますことを願っております。  合掌      
             真言律宗・不空院住職 三谷弘範


twitter_icon_f6451096bff4e2344f008bd27548afe3.jpeg
山内宥厳師

  =========================

 昨年の「第1回奈良ヨーガリトリート」では、80人の募集に、100名以上のお申し 込みがあり、おかげさまで、友永淳子先生と西大寺の静謐な空間で、ともに瞑想する 「至福のひととき」を、多くの方々と共有することができました。
 「第2回 奈良ヨーガリトリート」を開催するにあたり、本年は、友永先生に加え、奈良 東光寺ご住職、山内宥厳先生をお招きし、この混迷する生きにくい現代を、確かな足取 りで、しなやかに豊かに生きておられるお二人の教えに触れる2日間を企画致しました。
 ヨーガは本来、身ひとつあればどこでも行じられるものですが、仏に祈り、真言を唱え、 掃き清められた歴史を重ねる寺院でおこなうヨーガは、格別です。
 身も心も魂も、隅々 まで浄められる清々しさがあり、現代の日本でヨーガを行ううえで、最高の場であると 感じます。
  昨年の参加者からは「静かに坐っていると、本堂の鐘の揺らす風と、木々のざわめき、 ホトトギスの声が聴こえてきて、心が洗われるようだった」「最後は真言が唱えられな いほど、静かに深い瞑想に入っていました」「気さくなご住職のお話とヨーガとマント ラ、奈良の言い知れぬ底力を感じ、予想を超えた贅沢な時間だった」などの感想をいた だきました。
 また、昨年の参加者から「友永先生のお話をもっと聞きたい」との声が多数寄せられま したので、本年は質疑応答の時間と日々の暮らしの中での「瞑想の必要性」について、 先生のお話をうかがう貴重な機会を加えました。
 そして、真言宗の僧侶である山内宥厳 先生からは、医者に頼らずに生をまっとうする生き方、家族から病人を出さずに 互い仲良く、生き生きと暮らすための「二人ヨーガ楽健法」を伝授していただきます。
 ヨーガの経験者も、まったくの初心者も、簡単に実践でき、大変効果の高い行法です。 「奈良ヨーガリトリート」では、ヨーガや楽健法の智慧を通して、神々の息づくこの 奈良の地で、いづれ地域の人々が、再び、お寺や神社、公民館に当たり前のように集い、 豊かな繋がりを取り戻す未来を想い描いています。
 最後になりましたが、「奈良ヨーガリトリート」の母体として場を提供してくださり、 惜しみない協力をしてくださっている不空院の三谷弘載ご住職、奥様の三谷智蓮尼の ご好意に厚く感謝いたします。お二人のおかげで真言律宗総本山、西大寺にご縁をいた だきました。昨年に続き、ヨーガ修行のために快くお寺を使わせて下さる西大寺の皆さ まがたにも、心からお礼を申し上げます。
          奈良ヨーガリトリート 実行委員会代表 高橋トーマス流美




西大寺 http://www.naranet.co.jp/saidaiji/
 楽健法教室の受講生のかた、友永ヨーガの受講生の方は先生のご紹介による参加の場合は参加費の割引をいたしますので、お申し出ください。
5月2日(土)山内宥厳先生
「楽健法」の世界観~病気がくれるもの

9:00 楽健法実技
12:15 本堂拝観(不空院御住職先達による般若心境)
12:45 大茶盛
13:30 昼食(楽健寺パン弁当)
14:30 お話「『楽健法』の世界観」 (~16:00)


5月3日(日) 友永淳子先生

 ぶれない生き方を身につける

9:00 アーサナ
11:15 本堂拝観
11:45 昼食(精進弁当)
12:45 大茶盛 or 瞑想に備えて自由休憩
13:30 お話「瞑想の必要性」
14:30 プラーナヤーマ(調気法)・マントラ・坐禅瞑想(~16:00)
[募集人数] 各日100 名
[料金] 各日15000 円 2日通し券25000 円

[お申し込み方法]
narayogaretreat@gmail.com
まで下記の項目を明記の上、メールをお送りください。
①お名前 ②メールアドレス ③携帯番号 ④希望日(3日は大茶盛の出欠も)
[お問合せ 申込は]

奈良ヨーガリトリート実行委員会
mail narayogaretreat@gmail.com
tel 0742-26-2910 / fax 0742-55-0809(不空院ヨーガ教室)
blog  yoganara.exblog.jp





楽健法だより 隔月刊を刊行しています。

ダウンロードして、pdfファイルでごらんいただけます。

楽健法だより第0号

楽健法だより第1号




2015-03-28(Sat)

徳島初 楽健法講習会

     楽健法講習会

山内宥厳先生 徳島市生まれの先生が、故郷に帰っての初めての楽健法講習会です。

日時 2015年4月29日(水)

会 場 郷土文化会館(あわぎんホール)4F和室2  
〒770-0835  徳島県徳島市藍場町2丁目14
088-622-8121

参加費 5000円+弁当代1000円 合計6000円
人 数 40名募集中 
申込先・お問い合わせ 
楽健法チーム徳島代表 下山礼子 090-4976-8801
 tokushima2.jpg
IMG_3666.jpg下山礼子さん 2015/03/29 東光寺にて




楽健法だより 隔月刊を刊行しています。

ダウンロードして、pdfファイルでごらんいただけます。

楽健法だより第0号

楽健法だより第1号


twitter_icon_f6451096bff4e2344f008bd27548afe3.jpeg


2015-03-26(Thu)

楽健法ベイビー

 楽健法を妊娠中に毎日やって生まれた健やかな子どもたち

 楽健法をまいにち継続するのは大変なことに思われますが、いままで百日続けてやってみるというひともたくさんいられます。体調のすぐれないひとが夫婦で百日続けてみるとまるで別人かと思うほど元気になります。
 楽健法を受けながら生まれた赤ちゃんは、機嫌がよくてむずからない、とても育てやすいのです。

 赤ちゃんの頃から、できるだけ楽健法をやってあげましょう。足で踏むことが出来ませんが、手で優しく押さえてあげたり、少し手につけた胡麻油でオイルマッサージしてあげてください。タッチすることは、赤ちゃんだけでなく、お母さんにもとても満足感があってこころが満たされるものです。

th_IMG_3592.jpg


th_IMG_3591.jpg


th_IMG_3598.jpg

福山教室 宥厳和尚が赤ちゃんを抱くのは久しぶりでした。




楽健法だより 隔月刊を刊行しています。

ダウンロードして、pdfファイルでごらんいただけます。

楽健法だより第0号

楽健法だより第1号





2015-03-26(Thu)

柳川楽健法教室のご案内


福岡 柳川楽健法教室のご案内

毎月 第3土曜日 13時~
講師 森 眞理
会費 2000円
会場 福岡県柳川市東魚屋町1
連絡先 08039453152(要予約)
施術も承ります。 60分 4.000円(要予約)

楽健法体験談
       森 眞理 (セラピスト養成講座第4期・第14期卒業生)

 私のところに来られて6年になる女性がいらっしゃいます。初めて来られた時は、肩が痛くて腕が上がらないので、病院に行ったらリウマチと診断され、とりあえず痛み止めの注射をされたとの事でした。それでも、腕は上がらず痛みも無くならないので、何とかしたいとの事でした。

 薬が、ステロイドと知っていたので、一度も飲まずに頑張っておられたそうです。階段を降りるのもお尻を着いて一段ずつ、椅子から立ち上がって足を踏み出すのにも時間がかかるという状態でした。

 週に一度の施術を1年、2年目からは月に2回位、5年目からは月に1回程度でしたが、自然にその程度で良くなっていかれたのでしょう、「私は、本当にリウマチでしょうか?」と言われるようになりました。でも、病院で検査を受けるとやはり反応は陽性です。

 しかし、薬は、一切飲まれず、四国遍路に行かれたり、ご主人と山に登られたり出来るようになっていかれました。そして、去年夏頃に「ここにお世話になるようになって6年になります。先日検査したら、リウマチの反応が出ないと言われました。これも、楽健法のおかげです。」とおっしゃっていただきました。心から嬉しくて、有難い体験でした。

 リウマチは、以前にも何十年も患っておられるご婦人を踏みましたが、その方は、1回目の楽健でその晩に大量の尿が出て、3カ月後には薬が半分に成り、全く出来なかった台所仕事を少しずつやれるようになったとご主人が喜ばれ、ご本人も気持ちが上向きになって、明るくなっていかれました。この体験から「病気と気持ち」の関係は、すごく大きいと感じています。

 楽健法は、踏めば踏むほど不思議な体験をさせてくれる不思議な健康法だと確信します。
 皆さんも、是非楽健法で不思議な体験を沢山なさってください。



IMG_3587.jpg

  2015年第14期楽健法セラピスト養成講座卒業写真 
       後列中心の共生浄土の文字の下にいるのが森眞理さん





楽健法だより 隔月刊を刊行しています。

ダウンロードして、pdfファイルでごらんいただけます。

楽健法だより第0号

楽健法だより第1号










2015-03-25(Wed)

楽健法だより

楽健法だより 隔月刊を刊行しています。

pdfファイルでごらんいただけます。

楽健法だより第0号

楽健法だより第1号

 楽健法元年と宣告して普及活動に励んでいますが、3月20日と21日の二日間、山内宥厳師はシュリシュリ・ラビシャンカール師に楽健法を施療する機会がありました。
 シュリシュリ・ラビシャンカール師は楽健法の普及を応援しますと約束してくださいました。

IMG_3614.jpg

2015/3/20 
東京 シャングリラホテルにて





2015-03-25(Wed)

名古屋 健康ルーム心心しんしん

    *** 名古屋 健康ルーム心心しんしん 平松英子 ***

hiramatsu.jpg
プロフィール

Author:楽健法和尚
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR